フォト
2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

2022年12月10日 (土)

ソロキャンプツーリング (第49回) ~うしくかっぱガーデンキャンプ場 (茨城)~

  • はじめに

    2022年12月9日(金)~12月10(土)、茨城県の牛久沼のそばのキャンプ場を訪れました。
    今年14回目、そして今年最後のキャンプです。


  • キャンプ場の様子


    • 情報

      うしくかっぱガーデンキャンプ場 (http://www.e-udc.com/camp/index.html)

      2021年に営業を開始した新しいキャンプ場のようです。

      動車乗り入れ可能な区画オートサイトと、乗り入れ不可のフリーサイトがあります。
      フリーサイト利用の場合、サイトから道一本隔てた場所にある駐車場に自動車を停めます。
      ただしバイクはフリーサイトに乗り入れ可能です。
      今回、フリーサイトを利用しました。

      チェックインは13:00とのこと。
      今回、遠出ということもあり (東京国立市から下道で2時間以上)、早朝にでかけ、チェックイン時刻まで観光を楽しみました (後述)。

      Img20221209132520

    • 立地

      牛久沼そば... と言っても、沼畔(?)ではありません。
      林間のサイトで地面は土。雨の日にはぬかるむかもしれません。



    • 料金

      1,000円(入場料) + 500円(テント1張) + 500円(バイク) = 2,000円。

      今回金曜日平日の利用でしたが、休日は入場料が1,600円になります。

      薪は針葉樹と思いますが、500円/束、量も十分で、ここ最近のキャンプブームの中では良心的な価格設定。
      今回は炭は利用せず、二束薪を購入しました。



    • 施設

      プレハブの管理棟、コンテナ式のようなトイレがあります。
      トイレは新しく、きれいに管理されているのですが、若干臭いがしました。
      以前、五光牧場オートキャンプ場もコンテナ式のトイレがあり、やはり若干臭いがあった記憶があります。
      コンテナ式トイレは構造上、どこかから臭いが漏れるのかしら... などと想像しました (あくまでも想像です)。



    • 従業員

      オーナーらしき、男性が丁寧に対応してくれました。
      予約時の電話対応も文句なしです。


  • キャンプの様子


    • 今回の新ギア... というほどではありませんが、2点。
      ひとつはダイソーで購入のシリコン製ナベ掴み。
      もうひとつは、ミニストーブの横に取り付ける風防。こちらも100均購入ですが、どの100均ストアか失念。

      Img20221210070034Img20221210070134

    • 9:00過ぎに牛久大仏着。
      5年くらい前の家族旅行の際に近くを通り、でけぇ、と思った覚えがありますが、ホントにでかい!!
      今回は、大仏の中も拝ませていただきました。
      頭頂部の避雷針が、なんかシュールです。

      Img20221209091713

    • 少し早いですが、11:00少し過ぎに昼食。
      牛久の「麵屋 元」というお店で、二郎系ラーメンをいただきました。
      ビジュアルはかなりのものですが、山の部分は野菜であり、スープ下の麺はさほど多くはありません。

      Img20221209112050

    • 続いて牛久シャトー
      ここは日本初の本格的ワイン醸造場だそうです。その歴史を紹介する資料展示があり、じっくり見学させていただきました。
      一連の建築物群は、国の重要文化財に指定されているとのこと。

      Img20221209115622 Img20221209115723

    • 牛久沼にかかる橋の上の河童を眺めた後、いよいよキャンプ場着です。13:30頃。
      焚火のときに愛機を眺められるように配置しテント設営(ただしキャンプ場の写真は2日目のものです)。

      Img20221209125130 Img20221210063734 Img20221209153148

    • 少し買い出しをして、16:00頃戻り、焚火タイムです。
      刺身をつまみながら、限定販売の赤えびすをグビります。
      もう陽はだいぶ落ちています。

      Img20221209155245 Img20221209155615 Img20221209160034

    • いい調子で焚火をしながら、豚軟骨とホルモンのみそ漬けを、シェラカップで温めていただきます。
      これには日本酒でしょう、ということで高清水。
      もうかなりまったりです。
      焚火を十分楽しみ、その後、熾きで暖を取り、ほぼほぼ燃え尽きたところで就寝です。

      Img20221209171854 Img20221209165544 Img20221209172647 Img20221209214400

    • 翌朝7:00起き。いつもどおり目覚めのコーヒーです。
      お湯を沸かした後も燃え続ける固形燃料で手を温めながら、至高の時を過ごします。

      Img20221210070229 Img20221210071513 Img20221210072610

    • 8:00頃撤収作業完了。
      今回は2日目も予定あり。
      かねてから気になっていた、バイク王つくば絶版車館を訪ねました。
      おぉ、Kawasaki BALIUS2が。私はこの初期型のBALIUSに1991年から4年くらい乗っていました。
      確か新車価格は50万円前後だった気がするのですが....  値上がりしている...
      1990年代は250ccネイキッドはみな4気筒エンジンでしたが、今は排ガス規制強化による技術的問題で、2気筒ばかり。そんなわけで、昔の4気筒の値が上がっているのでしょうね。
      もうひとつ、私がBALIUSから乗り継いだZZ-R1100(D型)も、色違いですが発見。こちらは新車価格100万円超えだった気がしますが... 下がってますね (^^;)
      なお、私が15年ほど前に赤男爵に下取りに出したときの値は、10年で2万Kmと走行処理は少なかったのですが、確か35万円でした。

      Img20221210080901 Img20221210094459 Img20221210102521 Img20221210102220

  • おわりに

    あたらしいキャンプ場で、地面は平ら。テントを張りやすく、気持ちよく過ごせました。
    しかし、せっかく西東京に単身赴任しているのだからと先の中禅寺湖同様、東を攻めましたが...  と、遠い……。
    自宅のある山梨からよりはよっぽどよいですが。
    どこか、1時間くらいでいけるよいキャンプ場を探したいな、と思います。

    Img20221209135450

2022年11月20日 (日)

ソロキャンプツーリング (第48回) ~中津川河川敷野営地(田代) (神奈川)~

  • はじめに

    2022年11月19日(土)~11月20日(日)、神奈川県の中津川河畔の野営地を訪れました。
    今年13回目のキャンプです。

    ここは今年3回目の利用です。
    無料かつ予約不要かつアパートから1時間強となると、利用頻度が上がります (^^)


  • キャンプ場の様子

    前回2回のレポートをご覧ください

    ソロキャンプツーリング (第40回) ~中津川河川敷野営地(田代) (神奈川)~

    ソロキャンプツーリング (第46回) ~中津川河川敷野営地(田代) (神奈川)~

    Img20221119114911

  • キャンプの様子
    • 今回の新ギア

      • キャンDoで購入のオイルマッチ
        Zippoオイルは新ギアではなく、オイルマッチのための燃料です (当たり前ですが)。
        冬キャンプの朝はガス缶やガスライターやガストーチのガス圧が下がり非常に着火しにくくなります。
        ならばと、アルコールストーブを使用しようとしても、ガスライター、ガストーチが着火せず、アルコールストーブも使えません。
        ということで、寒さにも強い(であろう)オイルマッチの登場です!! (画像、ピントが奥に行ってしまいました (^^;) )
        ただし、1回使って壊れました...  う~ん、残念。
        そんなことで帰宅後に結局、一番安い1,500円くらいのZippoのオイルライターを購入しました (^^;)

        Img20221119085750 Img20221119145301

      • ダイソーのBBQ用(?)うちわ
        いつもの火吹き棒の方が味がありますが、なんとなくこういうのも必要かな、と購入。
        キャンピングバッグの下に入れておけばスペースも取らないので、今後は常備です。

        Img20221119152628

      • CB缶からOD缶の口に変換するアダプター (本名はなに?)
        当初はCB缶のみの使用でしたが、昨年SOTOアミカスを購入したため、OD缶も使用することになりました。
        しかし、OD缶用器具はOD缶のみ、CB缶用器具はCB缶のみではそれぞれの缶がごろごろ家に転がることになりイマイチだなぁ、ということで、この変換器具です。
        なお、逆にOD缶からCB缶の口に変換するアダプターは、以前にご紹介済み。

        今回は、OD缶接続可能なSOTOのヒノトにこのアダプターを介してCB缶と接続。
        テーブル上の占有面積はCB缶の分増えますが、安定性は増します。

        画像の白い点々は、前出のうちわで焚火を仰いだ際に舞い散った灰です (^^;)

        Img20221119192930

    • さて、今回は8:30に現着。
      今回も前日から泊っている方が多く、空きがあまりありません。
      敷地中央の「いつもの場所」に設営です。
      今回は、久しぶりにパップテントです。”野営”な感じがしてよいですね (^^)

      Img20221119090009

    • テント設営後、宮ヶ瀬ダムまで軽くツーリングです (画像なし)。
      秋たけなわで紅葉がきれいでした。
      その後、二郎系ラーメンを提供する東名厚木インターそばの「ぎょうてん屋 GOLD東名厚木店」へ。
      ”ぎょうてん屋"の”ぎ”を取って、”ぎ郎ラーメン”というようです (^^;)
      それをいただきました。

      Img20221119101459

    • 今回も、炭(近場のコメリ)と薪(野営地内軽トラで移動販売)で、夜に備えます。

      Img20221119120034

    • 12:00には野営地に戻り、とりあえず食後のコーヒーです。

      Img20221119121820

    • その後、Kindle読書で過ごし、さぁ、14:00ころ、アルコール解禁です。
      おつまみは、まずは「切れてるチャーシュー」。そのままでもいただけますが、ホットサンドメーカーに挟んで少し焦げ目をつけておいしさ感を増します。

      Img20221119135608

    • 14:30で早くも近場の山に陽が沈みます。ここからグッと気温が下がります。
      おつまみが進みます。
      焼くだけハンバーグ、しいたけ、ウィンナーソーセージ、餃子とよいテンポで食べ進めます (^^;)

      Img20221119142313 Img20221119154030 Img20221119161355 Img20221119164607 Img20221119165932

    • 18:00になると完全に陽が落ちました。
      ここまででおつまみはほぼ終了。ここからは焚火とヒノトを眺めながら、ワインタイムです。
      一番安いワイン(400円くらい)のちょっと上の600円くらいのやつ (^^;)

      Img20221119174932 Img20221119183153 Img20221119184023 Img20221119183227

    • 最後、熾きで暖を取りつつ就寝です。
      この時22:00過ぎ。おつまみなくなり、ワインタイムになって既に4時間が経過。
      4時間も退屈せずにほぼ焚火を眺めるだけで過ごせるとは...
      アルコールと焚火の威力ってすごいですね (^^;)

      Img20221119195725 Img20221119221143

    • 翌朝6:00。曇り。
      まずはコーヒー。それからハムエッグ。

      Img20221120060415 Img20221120072818 Img20221120073811

    • 7:30、撤収完了です。
      この日は午後から雨予報ということで早めに帰宅しました。

      Img20221120074241

  • おわりに

    この野営地は場所確保が少し大変ですが、やはり無料、予約なしは大きい。
    陽が長い時期ならば、金曜日に仕事を終えた後に出かけても、明るいうちにテント設営できそうですので、二連泊も可能です。
    来年も単身赴任が続くようならば、ぜひ試したいですね。

2022年10月30日 (日)

ソロキャンプツーリング (第47回) ~菖蒲ヶ浜キャンプ村 (栃木)~

  • はじめに

    2022年10月29日(土)~10月30日(日)、中禅寺湖湖畔のキャンプ場を訪れました。
    今年12回目のキャンプです。


  • キャンプ場の様子


    • 情報

      菖蒲ヶ浜キャンプ村 (http://www.shoubugahama.co.jp/)

      予約不可、飛び込みのみのキャンプ場です。
      チェックイン時刻は13:00ですが、この日はアーリーチェックインを選択。
      アーリーチェックイン時刻は前日にTwitterで告知されます。
      この日は9:30で、早めにということで8:30に到着したのですが... 既に30組くらいが並んでいました。

      アーリーチェックインは、告知よりも早く9:00頃に開始され、私の順番はちょうど9:30頃になりました。

      車の駐車場は管理等から200mくらい離れた場所で、みなさん無料貸し出しされているリヤカーを利用し、荷物を運んでいました。
      リヤカーの利用者は多く、順番待ちの列ができていました。

      バイクは管理棟横の駐輪場まで入れるので助かりました。


    • 立地

      中禅寺湖の湖畔に面しており、地面は土。
      季節がら、全面紅葉で覆われていました。焚き火のときには注意が必要です。

      残念ながら前日以前からの連泊組に湖畔沿いは抑えられており、30mくらい湖畔から離れた林間にテント設営。
      最近のテント大型化の影響で、湖があまり見えません (^^;)

      Img20221029080808 Img20221029094406 Img20221029100304 Img20221029100042

    • 料金

      2,300円 (入場料1,500円+アーリーチェックイン800円) と格安です。

      薪は確か針葉樹700円だったと思います。


    • 施設

      炊事場、トイレともきれいに管理されています。
      特に男性の小用専用のトイレ棟があり、この棟は近年新設のようで非常にきれいでした。

      ゴミもすべて捨てることができ、バイクキャンパーとしては非常に嬉しい限りです。


    • 従業員

      ご年配の男性数名が対応されており、非常に丁寧に接していただきました。


  • キャンプの様子

    • 新ギア紹介
      まずは、SOTOのヒノト。以前から欲しかったのですが、なにせお値段が... しかし、奮発しました。
      テント・シュラフなどの大物を除くと、保有している中で最も高額なキャンプギアです。
      炎の揺らぎがいい感じ

      チキンラーメンなべ。Be-PALの付録です。
      以前はなべだけの付録だったそうですが、今回は蓋付き。
      チキンラーメンにジャストフィットし、内側にお湯を入れる線が付いています。
      IHで使えることも、購入した理由です。

      Img20221029172157 Img20221029191321

    • さて、今回は観光も充実。久しぶりに "バイクキャンプ" ではなく、"キャンプツーリング" といえるものになりました。

      一日目は、日光いろは坂の途中に明智平。よい景色です。
      早朝6:00で既に駐車場待ちの車列ができていました。
      立ち寄りは諦めようかと、車列のない車線を進むと...おぉ、バイク専用の駐車スペースがあるではないですか! しかも無料。車と一緒に並んでなくてよかったです。
      ここで、エビの湯葉巻きをいただきました。

      Img20221029074559 Img20221029075621 Img20221029075331

    • 続いて華厳の滝。久しぶりに訪れましたが、すばらしい滝です。
      華厳の滝に向かう途中のお店で、湯葉ラーメンをいただきました。
      真ん中の丸いのだけでなく、その周りにも湯葉が敷き詰められ、満足の一杯でした。
      華厳の滝を見たあと、湯葉豚まん。湯葉つくしです。

      Img20221029115144 Img20221029113646 Img20221029120154

    • 最後に、中禅寺湖 に流れ込む川の上流にある竜頭の滝へ。
      滝と言っても水が滝壺に落ち込むタイプではなく、数百メートルに渡って岩肌を勢いよく流れ落ちる珍しいタイプの滝で、見ごたえがありました。上から下まで10分くらいの遊歩道があります。行きは下りなのでよかったのですが、戻りは上りで息が切れました。

      Img20221029133256

    • 二日目は、日光東照宮。以前訪れたのは陽明門の修復前。非常にきれいになった陽明門に感激です。家康公の墓所までは5分くらいのそこそこ急な上り坂と階段で、ここでも息が切れました。

      Img20221030083810 Img20221030090633 Img20221030090821

    • さて、やっとキャンプの様子です (^^;)
      まずはサラダチキンをホットサンドメーカで温めて、お土産物屋で購入したワンカップの地酒と共にいただきます。
      そういえば、この辺り、アルコールはお土産物屋で購入するしかなかったのですが、350mlのビールが300円でした... 高っ。
      続いて、餃子の素をホットサンドメーカーで焼いて... なのですが、なかなか中まで火が通らず、難儀しました。最後は結局ぐしゃぐしゃな状態に。


      Img20221029144001 Img20221029150102 Img20221029145432 Img20221029153010


    • 16:00。陽が落ちてきました。ということで、炭に火入れ。
      熾した火でソーセージを炙っていただきます

      Img20221029160849 Img20221029154344 Img20221029165211


    • 今晩のメインはナベです。
      家から持参した白菜、しめじ、豚肉を放り込み準備完了です。
      いよいよ陽が落ち切りました。鍋開始です。おいしくいただきました。

      Img20221029163710 Img20221029165218 Img20221029170826 Img20221029174246


    • 今晩は寒いだろうということで、久しぶりに湯たんぽ投入。
      焚火、ガンガンでまったり感最高です。
      ここで、チキンラーメン鍋を使って締めのチキンラーメン。
      暫く火を眺めた後、就寝。

      Img20221029175640 Img20221029184613 Img20221029192720 Img20221029213855


    • 夜明けです。朝陽が美しい。今日もいい天気です。
      う~ん、まだ一年くらいしか使用していない椅子が壊れました...

      Img20221030063814 Img20221030063854 Img20221030062928

    • 朝食に、肉まんとピザまん、そして目玉焼き。
      ウォーターサーバーの水が凍っていました。やはり寒い。

      Img20221030071304 Img20221030071847 Img20221030073702


    • さて、帰路も時間がかかるし、二日目観光の日光東照宮もすぐに混み始めるだろうし、ということで8:00には撤収完了し、キャンプ場を離れました。
      いろは坂の下りから見える紅葉がすばらしかったのですが、駐車する場所がなく(駐車している車もいましたが)写真は無しです。

      帰路の途中、峠を越えて関東平野、群馬県桐生市まで戻ったところで昼食。「ちゃっちゃ系ラーメンもん吉」。
      背油を多めで、とお願いしたら、大変油っぽいものが出てきました。おいしくいただきました。

      Img20221030115832



    • おわりに

      今回、4月に東京へ単身赴任を開始してから、初の遠路かつ東方へのキャンプツーリングでした。
      今回の場所は、高速道路を使用しなければ行きにくいほど遠方でしたが、立地、施設、そしてお値段とも非常によいキャンプ場で大満足でした。

      今後は、単身赴任している間に、千葉、栃木のキャンプ場も訪ねたいと思っています。
      これから冬になりますが、千葉くらいならバイクでも大丈夫?

      Img20221029110959 

2022年10月 2日 (日)

ソロキャンプツーリング (第46回) ~中津川河川敷野営地(田代) (神奈川)~

  • はじめに

    2022年10月1日(土)~10月2日(日)、神奈川県の中津川を訪れました。
    今年11回めのキャンプです。
    この場所を訪れるのは今年の4月以来二度目です。

    Img20221001140626

  • キャンプ場の様子

    前回のレポートをご覧ください。

    ソロキャンプツーリング (第40回) ~中津川河川敷野営地(田代) (神奈川)~

    相変わらず地面は非常に固く、25cmのペグを完全に打ち込むことはできませんでした (^^;)



  • キャンプの様子


    • 今回の新ギア。
      4張目のテントと5個目のホットサンドメーカーです。

      以前より自転車キャンプで使えるような、軽く、収納サイズが小さいもので、かつ安いテントが欲しいな、と思っていました。
      ということで、Naturehikeのものを選択。横40cm x 直径10cmくらい、重量1.5Kg未満とこれなら他のキャンプ道具と一緒に自転車に積み込めそうです。

      Img20221001125736 Img20221001083107

      ホットサンドメーカは、1枚焼きタイプの耳圧着タイプを欲しいと思っていたところに、カインズで安いものを売っていることを知り、購入。
      これで保有しているホットサンドメーカは以下のとおりとなりました (^^)
      - 2枚焼き + 耳圧着なし + 直火         + 柄固定   (おまけ:ゆるキャン△)
      - 2枚焼き + 耳圧着なし + 直火         + 柄脱着可
      - 2枚焼き + 耳圧着あり + (直火+IH) + 柄固定
      - 1枚焼き + 耳圧着なし + 直火         + 柄固定
      - 1枚焼き + 耳圧着あり + 直火         + 柄固定  ★今回の新ギア★

      1枚焼きの耳圧着ありタイプは、フライパン代わりに使うには、面積が狭いようです (^^;)
      画像は後ほど。


    • 現地着は8:30頃。前日からの人が多いようで、空きがほとんどありません。
      このあと、10:00くらいに数組が帰りましたが、ほとんどの方が連泊のようです。
      そんな中でも空きを見つけ、コーヒーでひと心地。

      Img20221001092119 Img20221001092944

    • 今晩用の薪は、野営地内に軽トラで薪販売している人から購入。
      それとは別に近場のコメリで木炭購入。
      最近、最後に薪が燃え残ることがあったことから、前半は木炭で調理するとともに良い熾(おき)を作ることで薪を燃えやすくする作戦にしようかなと考えています。

      Img20221001141017 Img20221001141549

    • 14:30頃から酒盛り返し。少し離れたスーパーFLESA(だったか?)で購入したカツオから。ただ古めのものを塩漬けしたのか、しょっぱい!! これは失敗でした。

      Img20221001142332 Img20221001142831

    • このあと、豆腐、豚バラ、餃子と食べ進めます。
      豚バラの網焼きはだめですね、網にくっつくのと、細かい肉が網の間から落ちてしまうのとで (^^;)

      Img20221001163335 Img20221001163940Img20221001173151

    • さぁ、お待ちかねの焚き火タイムです。
      良い燃え上がりです。久しぶりにマジックファイアの粉を入れ、色が変わるのを楽しみます。
      良い熾が残って、そこそこに燃えきるのをまって就寝。

      Img20221001174752 Img20221001175328 Img20221001195050 Img20221001214922
    • 翌朝6:00。日の出です。
      コーヒーをいただこうと思ったら、一杯分、豆をぶちまけてしまいました。
      朝、屋外で飲むコーヒーは美味しい。せっかくの新ギアホットプレートを活用し、卵焼き(?)とハムサンドもいただきます。

      Img20221002061715 Img20221002060311 Img20221002063055 Img20221002063431 Img20221002063833

    • キャンプはアルコールと焚き火がメインのため、どうしても翌日はゆっくりしていられません (^^;)
      この日も8:30には早々に撤収完了し、引き上げです。
      この時間に帰宅すると、この日一日、なにか別のことができて有意義です。

      Img20221002084824


  • おわりに

    ここは、無料、当然予約不要というのがとてもよいですね。
    もう陽が短くなってしまったのでアレですが、18:00くらいまで明るい時期に、金曜仕事帰りにここへ来て2連泊キャンプすればよかったな、と思います。
    来年も単身赴任を継続していたら、それ、やってみたいと思います (^^)


2022年8月15日 (月)

ソロキャンプツーリング (第45回目) ~福住オートキャンプ場 (山梨)~

  •  はじめに

    2022年8月14日(日)~15日(月)、西湖畔のキャンプ場を訪れました。
    今年10回目のキャンプです。


  • キャンプ場の様子


    • 情報

      福住オートキャンプ場 (https://twitter.com/fukuzumi_kyanpu)

      最近、再訪ばかりですが、ここも2020年10月31日に訪れたキャンプ場です。
      そのときのブログはこちら
      なお、そちらのブログ内の、キャンプ場情報のリンクは切れているようです
      (が、面倒なので張り直しません (^^;) )。



    • 立地、施設、従業員

      前回ブログから特に変わりはありません。


    • 料金

      大人1,500円、バイク500円の、合計2,000円です。安い!!
      平日だと大人1,000円と、更にお安いようです。


  • キャンプの様子

    • 出発した時は、結構真面目に雨降り。
      そんな中でも少しツーリングを... ということで、道志道をひたすら走り、山中湖そばの花の都公園へ。
      オレンジ色の花(なに?)が満開でとてもきれいでした。この頃は雨もやみかけており、富士山が見え始めていました。

      Img20220814081000 Img20220814081218_20220827075101

    • チェックイン時刻8:30に対し9:00頃に到着したのですが、既にサイトはほぼ埋まっていました。
      それでも木陰の場所をキープ。湖がよく見えないのが残念です。

      Img20220814085556 Img20220814094537_20220827075801 Img20220814094550

    • 日中は軽くツーリングということで、山中湖に戻りそのままパノラマ台へ。いい富士山が見られました。

      Img20220814112354

    • さて、ちょっとのんびりし過ぎましたが、17:00頃から酒盛り開始です。
      まずは黒ビールと、マグロの切り落とし。うまし。

      Img20220814170856

    • もういい時間なので、焚火も開始。おつまみ3点盛りを肴に日本酒にも手を付けます。

      ここのキャンプ場は薪を売っていない (というか、管理棟がありません。集金のために日に数度、オーナの方が車でキャンプ場内を回ります) ので、河口湖畔から西湖に向かう途中にある普通の家(?)の庭先で無人販売しているものを購入しました。
      一束500円。針葉樹で、単に気を割っただけのもの、角材などが混ざっていて面白いミックス薪でした。そして、よく乾燥しており、よく燃えました。次回も利用してもよいかも、です。

      Img20220814172447 Img20220814175118 Img20220814182529

    • 陽が暮れてきました。焚火も絶好調。この火で、豚のもろみ漬けをいただきます。

      Img20220814185848 Img20220814190150

    • 夜が更けていきます。雨が上がった後の昼間は暑かったのですが、さすが標高700m。だいぶ涼しくなりました。
      焚火が熾きになりました。眺めているだけでホント癒されます。
      22:00頃、就寝。

      Img20220814193141 Img20220814194351 Img20220814213505 Img20220814213818

    • 翌朝も良い天気です。
      早速コーヒーをいただきます。

      Img20220815051016 Img20220815053348 Img20220815053835

    • 陽が出てきました。今日も暑くなりそうです。
      その前に早々に退散です。7:30には撤収しました。ちょっと早すぎ? (^^;)

      Img20220815055519 Img20220815072039

  • おわりに

    ここのところ、道志川沿いが続きましたが、川に入るのならともかく、気候的にはとにかく暑い!!
    ということで、高標高のキャンプ場を選択。正解でした。

    道志、富士五湖と、山梨にいるときと変わらぬキャンプ場ばかりなので、
    次は、東京単身赴任の地の利を生かし、群馬、埼玉、栃木、千葉のどこかに行ってみたいと思います。

    Img20220815073525

2022年7月24日 (日)

ソロキャンプツーリング (第44回目) ~新戸キャンプ場 (神奈川)~

  • はじめに

    2022年7月23日(土)~7月24日(日)、今回も道志川河畔のキャンプ場を訪れました。
    今年9回目のキャンプです。


  • キャンプ場の様子


    • 情報

      新戸キャンプ場 (https://shindocamp.com/)

      ここは、2021年2月13日に第21回キャンプとして訪れたところです。
      そのときから、キャンプ場のURLが変更になっています。
      前回のブログはこちら


    • 立地、施設、従業員

      特に変わりはありません。前回ブログをご覧ください。


    • 料金

      前回より200円値上げしていました。
      バイクは1,800円 (大人1,500円+バイク300円) です。
      依然、格安です。


  • キャンプの様子


    • 土日のチェックインは10:00amとのことで、その時刻についてみると、どうやらもっと早い時刻からチェックイン開始していたみたいです。係の方に伺うと、前日のお客が少ないと、平日同様8:30amにチェックイン開始するとのこと。

      この日は暑くなることが予想されていた... というか、10:00amで既に暑すぎるくらいに暑く、川沿いの木陰のサイトを探しましたがそのような好条件なサイトはすべて埋まっていました。
      しかたなく、川沿いの、少し木陰にもなるかな、というサイトにテント設営

      Img20220723101952

    • まだ11:00ですが、アルコールと昼食。
      最近は、「キャンプ飯」よりも、「とにかくまったり」を重視で、カンタンにできあいのうどんで済ませました。

      Img20220723103857

    • 灼熱です。サイト内の小さな木陰を求めて、椅子を移動しながらくつろぎます。
      いきなりアルコールを多量に飲むのもどうかと思い、小休止でコーラ。川がきれいで癒されます。

      Img20220723115111 Img20220723104718 Img20220723135529 Img20220723130811

    • 焚火は陽に当てて少しでも乾燥度を高めます。

      Img20220723135902

    • 15:30頃。カモ肉等々をおつまみに、アルコールが進みます。この時刻でこんなに空けてしまった...

      Img20220723140539 Img20220723154949

    • 16:00頃、焚火開始。いいなぁ~。
      お惣菜の焼き餃子を、少し焚火で炙っていただきます。

      Img20220723161533 Img20220723162602

    • 焚火、川、アルコール....  まったりしつつ、この日は20:00くらいには落ちてしまいました。

      Img20220723175650

    • 翌朝も良い天気です。
      朝のコーヒーをいただき、しばし川を眺めつつまったり。

      Img20220724043600 Img20220724045948 Img20220724050059

    • この日も灼熱地獄になることは確実。
      それを避けるため、最速記録ではないでしょうか、7:30amに撤収完了。
      早々に帰路に着きました。
      私の場合、二日目の朝のコーヒーまでがキャンプですので、そのあとは何でもいいいんです (^^;)

      Img20220724073240


  • おわりに

    やはり川沿いサイトや湖畔サイトなど、水際のサイトは癒されますね。
    暑くはありましたが、まったりできました。

    ただ、夏場はもう少し標高の高いキャンプ場にしないと.... ですね。
    夜こそ涼しめでしたが、昼間がどうにもならない...
    同じ道志川沿いでも奥道志なら標高900mくらいありそうですが、ここはおそらく300mくらい。

    次回は高標高の場所を狙います (^^)

Img20220724045508

 

2022年6月26日 (日)

ソロキャンプツーリング (第43回) ~青野原オートキャンプ場 (神奈川)~

  • はじめに

    2022年6月25日(土)~6月26日(日)、前回に続き、神奈川県の道志川河畔にあるキャンプ場を訪れました。
    今年8回目のキャンプです。


  • キャンプ場の様子

    • 情報

      青野原オートキャンプ場 (https://www.aonohara-acl.jp/)

      前回に続き、予約不可/不要のオートキャンプ場です。
      ここは以前訪れた 青野原野呂ロッジキャンプ場 に隣接しています。


    • 立地

      道志川沿いに広がるオートキャンプ場です。
      チェックイン8時に対し、8:10分頃に訪れたのですが、広いキャンプエリアがほぼ満員。前日からのお客さんなのでしょう。

      サイトにはそれなりに木立があるのですが、もう暑い季節で、木陰になるような場所はまったく空いていません。
      なんとか陽がガンガンにあたる空きスペースを見つけました。

      この後、買い出しのためにキャンプ場に接続する国道まで出たところに、「本日満員」の看板が出ていました。
      その日帰るお客はほとんどおらず、どうやらみなさん、連泊だったようです。うらやましい。

      Img20220625081135

    • 料金

      入場料1,000円+バイク400円+テント1,000円=2,400円です。
      まあまあのお値段。車は+600円です。


    • 施設

      トイレはここ数年で建てられたもののようで非常にきれいで、よく管理されていました。
      ただ夏ということで、虫さんたちが結構いらっしゃいました。

      炊事場もきれいに管理されていました。



    • 授業員

      ご年配の男性が、丁寧に案内してくれました。



  • キャンプの様子


    • 今回投入の新ギア。
      岩谷マテリアルのウォータージャグ5L。
      格安ウォータージャグばっかり5個目です。ひとつ壊れましたが。

      Img20220625170456

    • 朝8:30少し過ぎ、前記の通り盛況で、しばらく空きサイトを求めて彷徨い、狭いですがバイクソロキャンなら十分という場所を見つけ、テント設営。
      その後、いきなりアルコールもどうかと思い、現地購入のコーラ。既に太陽はテリテリ。

      Img20220625091535 Img20220625091643 Img20220625092056

    • 13:00。ついに我慢できず、クーラバック内で待機していたビールを開けます。その後、川に足を浸けます。
      道志川の水はあまり冷たくありませんでしたが、それでも足を浸けていると気持ちいい。

      Img20220625124821 Img20220625151400 Img20220625151742 Img20220625153001

    • 16:00過ぎ。本格的に宴開始。
      焚き火にも火を付けます。この季節、まだまだ明るい。

      Img20220625161615 Img20220625164332 Img20220625165814 Img20220625172542

    • このあとはまったり焚き火。21:00くらいに就寝。

      Img20220625180416 Img20220625200017

    • 翌朝6:30まずはコーヒー。
      それから、ゆで卵と、余っていたしいたけを煮て朝食代わりです。
      ゆで卵を冷ましていた水の中に虫さんが飛び込んでいる画像は若干気になりますが (^^;)
      まだ前日お昼ころに購入した氷が残っていました。
      その後、テントを片付け、帰り支度完了です。

      Img20220626062449 Img20220626064939 Img20220626064934 Img20220626081321 Img20220626081336

  • おわりに

    もう暑くて汗ダラダラのキャンプでした。
    秋キャンの   季節が待ち遠しくはありますが、これはこれで心が休まる、よいキャンプでした。
    キャンプ場としてもとても気持ちよく利用できました。冬は営業していないのが少し残念です。

    単身赴任の国立市に戻ったあとの夕方、近所のスーパーで晩酌のお酒とおつまみを購入した帰り道、きれいな夕日が見られました。

    Img20220626182307

2022年5月30日 (月)

ソロキャンプツーリング (第42回) ~緑の休暇村 青根キャンプ場 (神奈川)~

  • はじめに

    2022年5月29日(日)~5月30日(月)、神奈川県の道志川河畔にあるキャンプ場を訪れました。
    今年7回目のキャンプです。


  • キャンプ場の様子


    • 情報

      緑の休暇村 青根キャンプ場 (https://aonecamp.jp/)

      予約不要、というか、オートキャンプは予約不可です。

    • 立地

      道志川沿いに広がるオートキャンプ場です。
      基本、開けたオープンエリアで、ところどころに木陰を作る木が立っています。
      もう暑い季節ですので、木陰にテントを設営したいところでしたが、チェックイン8:00からに対し、買い出しの都合で9:30頃到着したところ、デイキャンプの人も多く、思いきり日向しか空いていませんでした。

      地面は、河畔でありがちな固め。いつものチタンペグをガンガン打ち込みました。


    • 料金

      2,000円と格安です。
      入場料780+バイク420 (四輪は1,200)+テント敷地料700(サイズにより異なる)+清掃料100

      薪は500円だったと思います。
      この薪が、よく燃えませんで...



    • 施設

      炊事場はきれいに管理されていました。

      トイレも管理はされていますが、施設が古く便器の変色がやや気になります。
      また、もう虫の季節ということで、便器周り、手洗い場に虫がそこそこいらっしゃるのは、いたしかたないでしょう。キャンプってこんなものですし。

      なお、トイレ内に臭いはないのですが、風向きによりややトイレ周辺に臭いがあったのも、少し気になりました。が、やはりこんなものでしょう、キャンプって。


    • 従業員

      ご年配の男性が対応くださいました。丁寧な対応でした。


  • キャンプの様子


    • 今回の新ギア。
      前回破損したパチグリルに代わり、新パチグリルを投入です。
      どうしたわけかフレームの一部が外れやすく、最初、焚火台を移動する際にどこを持つのか、少し苦労しました。
      でも、パチグリルですから (^^;)

      Img20220529102914 Img20220529111440

    • この日は、キャンプ場でのまったり時間を確保するため、先に買い出し。空きスペースがないところに購入物品を詰め込みキャンプ場へ乗り込みました。

      Img20220529084957

    • この日は非常に良い天気。熱中症が気になります。
      多くの方が川に入って、涼をとっていました。
      もうすっかり夏です。

      Img20220529105308

    • テント設営完了。
      強い日差しで、影がくっきり。

      Img20220529105647 Img20220529105653

    • めずらしく昼食作り。焼きそばです。具は鶏肉とシイタケとキャベツ。
      まだ、アルコールには手を付けません (^^;)

      Img20220529111610 Img20220529111602 Img20220529112305

    • 昼食後、川に足を付けます。前回は、沢が枯れており役立たずだったサンダルが、今回は役立ちました。

      Img20220529114924 Img20220529114858Img20220529115319

    • 13:00を回ったあたりで、軽く酎ハイに口を付けます。
      川を眺めながらまったりタイムです。

      Img20220529130450 Img20220529132300

    • 15:30くらいから、本格的に宴開始です。
      鶏肉、角煮、シイタケをホットサンドメーカで調理しながら、おつまみとしていただいていきます。
      ビールが五臓六腑にしみわたります。

      Img20220529153033 Img20220529183609 Img20220529111733Img20220529191943

    • 17:00、焚火に火を着けます。新パチグリルに初火入れです。
      う~ん、これが燃えない、燃えない... (^^;)
      薪に水分が多いのでしょうか。見たり触ったりした感じでは、そんなこともないのですが。

      薪を少量投入ではダメだと思い、大量投入。まぁ、夏であり、暖を取るのが目的ではないので、早々に燃やしきっちゃってもよいか、と思い、とにかく大量投入です。

      Img20220529170709 Img20220529183505

    • 薪は一束購入のみでしたが、それでも20:00まで焚火を楽しめました。
      火が落ちるのを待って、おやすみなさい、です。

      Img20220529202138

    • 翌朝5:30。周りの山に陽が当たり始めました。
      テント付近まで陽が来る前に、コーヒーをいただきました。
      そうこうしているうちに、テントに向けて太陽が攻撃を始めようとしています。
      今日も暑そうです。

      Img20220530052051 Img20220530053743 Img20220530054533 Img20220530063927

    • チェックアウトは10:00ですが、本格的に暑くなる前、8:30に撤収完了。
      もう日差しは強いです。



  • おわりに

    お値段はお安いですし、川遊びにはとてもよいロケーション/シチュエーションでした。
    日陰の場所さえとれれば、まったりするのに非常によいです。
    ここもいずれリピートしますね。

    Img20220530082618

2022年5月 7日 (土)

ソロキャンプツーリング (第41回) ~オートキャンプインむじな (山梨)~

  • はじめに

    2022年5月6日(金)~5月7日(土)、山梨県の道志川そばのキャンプ場を訪れました。
    今年6回目のキャンプです。


  • キャンプ場の様子

    • 情報

      オートキャンプインむじな (https://camp-mujina.com/)



    • 立地

      道志川の支流の沢 (名称不明) 沿いにある林間キャンプ場です。
      ただ、季節柄でしょうか、残念ながら沢に水はありませんでした。

      区画サイトで、管理棟からサイトまで管理人さんが軽トラで先導してくれました。
      通路は急傾斜ですがコンクリートで固められており、普通にバイクに乗れる方ならば、それほど難儀することはないでしょう。

      地面はそこそこの硬さで、アルミペグでも行けるでしょうが、私は常備のチタンペグ使用です。

      新緑がきれいな季節で、木が多いため、空はあまり見えません。

      小さな羽虫が出没する季節で若干気になりましたが、夕方にはいなくなりました。

      Img20220506141113 Img20220506145817 

    • 料金

      2,300円でした。
      内訳はおそらく、(オートキャンプ1台 1,000円) + (大人 (中学生以上) 800円) + (バイク駐車料金 500円)。

      ”おそらく”というのは、ホームページの記載は「駐車料金 1,000円」のみで、バイク駐車料金の記載がないため、です。

      バイクキャンパーをあまり歓迎しないのなら今のままのホームページ記載でもよいですが、そういうわけではないのなら、バイク駐車料金も書いた方がよいのにな、と思います。
      四輪と金額差があることは、バイクキャンパーには大きな魅力になります (^^)

      薪は一束500円だったと記憶しています。二束購入。



    • 施設

      炊事場はきれいに管理されていました。
      生ごみと灰のみ捨てることが可能で、他のごみはすべて持ち帰りです。

      トイレは、サイトから少し離れていましたが、主に管理棟そばのものを利用。最近改修されたとのことで、きれいで、よく管理されていました。
      サイトそばにもあり、そこもきれいに管理されていました。年季が入った感はいかんともしがたいですが、最近のキャンプ場としては標準的なきれいさです。


    • 従業員

      男性と女性がいらっしゃり、丁寧な応対でした。



  • キャンプの様子


    • チェックインは13:00からに対し、出発が遅れたこと、買い物を先に済ませたことから13:30頃にキャンプ場着。
      早々にテント設営です。サイトは、ソロには十分過ぎる広さです。

      Img20220506180927

    • さっそくお刺身でいっぱい。至極のひとときを過ごします。
      いつもは利用する、サーモスのステンレスマグを忘れてしまい、カンから直接ビールをいただきました。

      Img20220506143036

    • 場内を散策。どのサイトも広く、平らに整地されており、気分良く過ごせそうです。
      木が多く、またサイトごとに段差があることにより、他のプライベート感がお高めなのもよいポイントです。
      管理棟裏に、このキャンプ場のシンボル(?)らしき、むじなの像がありました。

      Img20220506150154 Img20220506150426 Img20220506150536

    • 歩いて5分もかからないところに道の駅どうしがあります。
      いつもどおり、多くのバイクが駐車しています。
      おつまみに良さげなものがあれば、と思いましたが、心を揺さぶられるブツには出会えず。

      Img20220506151144 Img20220506151244 Img20220506152701 

    • キャンプ場に戻り、第二部の開始です。
      焚火で焼き物をいただきます。その後は、もう寒い季節ではないので暖を取る必要はなく、純粋に炎を眺めて楽しみました。
      最後に、特にお腹が空いているわけでもないのに、締めのラーメン。これがいけないんだよなぁ、どうするんだよ、この弛んだお腹... と思いつつ、いただきました。

      Img20220506173555 Img20220506180956 Img20220506184033Img20220506192624_20220527072701

    • 翌朝。
      前日の道の駅、おつまみには出会えませんでしたが、小腹が空いたときようにまんじゅうを購入していました。信州のおやきのようなやつ。シェラカップに網を敷き、水を少し入れ、その上にこのまんじゅうを乗せ、蓋代わりにもうひとつのシェラカップを被せ、アルコールストーブを使用して蒸かしていただきました。
      が、野沢菜の入ったやつを買ったつもりが、あんこ...  甘いものは苦手なのですが、まぁ、そういうこともあるよな、と自分に言い聞かせ、美味しくいただきました。

      Img20220507054101 Img20220507054523 Img20220507055304

    • と、ここで...
      おぉ、パチグリル(焚火台)の台座が壊れている...
      数千円で一年以上、20回くらいは使用したかしら。しょうがないですね。
      帰宅後、次回に備え、またパチグリルをAmazonでポチリました。
      次回キャンプで投入予定です。

      Img20220507050605

      この日は早めに帰ってやりたいことがあったので、8:00少し過ぎには早々に撤収完了です。
      テントを片付けた後、コーヒーをいただいて帰路につきました。

      Img20220507071718 Img20220507073706

  • おわりに

    道志のキャンプ場はどこも林間で特に夏場は涼しく過ごせそうで、ここも例外ではありません。
    また新しいキャンプ場を開拓しつつ、機会があればリピートさせていただきたいな、と思います。

    Img20220507081234 Img20220507053344

2022年4月 3日 (日)

ソロキャンプツーリング (第40回) ~中津川河川敷野営地(田代) (神奈川)~

  • はじめに

    2022年4月2日(土)~4/3(日)、神奈川の河川敷にある野営地を訪れました。
    今年5回目のキャンプです。

    この3月末から東京都府中市付近に半単身赴任して、最初の土日にいきなりキャンプ泊です。


  • キャンプ場の様子


    • 情報

      中津川河川敷(田代) (https://www.town.aikawa.kanagawa.jp/event/1630284793190.html)

      ここはキャンプ場ではなく、「キャンプのできる神奈川県愛川町管理の河川敷広場」です。
      日中はデイキャンプ含め50以上はテント、タープが張られていたと思います。
      その2/3はお泊りだったと思います。

      ここは野営地であり、管理人はいません。したがってチェックイン時間もアウト時間もありません。
      また料金もかかりません。設備は併設する田代運動公園にあるトイレのみ。水道はトイレ使用後の手洗い以外認められていないため、キャンプで使用する水はペットボトル等を用意する必要があります。

      初心者ですと少し不安になる設備のなさでしょうが、私はトイレさえあれば、他は気になりません。


    • 立地

      河川敷なので、土+砂利です。河川敷にありがちな、非常に硬い地面で、石も多いことから鍛造やステンレス、チタンなどの強度のあるペグは必須です。

      チェックイン時間が存在しないということで、今回は7:30amに現着。
      敷地の周辺に沿ってぐるりと隙間なくテントが張られていましたが、中央部分は十分に空いており、そこにテント設営。
      9:00くらいになると撤収していく人たちがいたので、周辺や川沿いにテント設営したい場合は、そのくらいの時刻に現着するくらいがよいのかもしれません。

      Img20220402073349

    • 料金

      先にも書いたとおり、完全無料です。

      薪は近所の商店で購入。広葉樹600円、針葉樹400円くらいだったと思います。それぞれ一束ずつ購入。
      また、この商店は薪を買うと、買い物袋くらいのビニール袋をくれ、その中に焚きつけ用の針葉樹の切れ端を詰め放題で入れさせてくれます。都合薪二束半で1,000円という感じになりました。

      Img20220402143413

      また、河川敷内に薪売りの軽トラックが停まっていました。一束500円で見た感じ良さげな薪でした。
      次回は、これを利用しようと思います。


    • 施設

      先に書いたとおり、公園併設のトイレのみです。
      小用3、大用洋式3つで、十分きれいに管理されています。
      夜は、電気が消されており、スイッチの場所分からず。ランタン携帯は必須です。

      水場は、キャンプ用の水汲みは禁止。また新型コロナウィルス感染予防が理由と書いてありましたが、歯磨き、うがいも禁止です。



    • 従業員

      いません。


  • キャンプの様子


    • 今回の新ギアは、キャン★ドゥで購入の、シェラカップ用網です。
      シェラカップでの蒸し料理や燻製作り用に以前から欲しいと思っていたのですが、なかなか店で見かけることができなかったのですが、3月についにゲット。
      今回は、アンマンを蒸かすのに利用。ちなみに、本当は肉まんを買ったつもりだったのですが... 甘いものは苦手ですが、頑張って食べました。

      Img20220402120554 Img20220402120537

    • 今回、初の半単身赴任先の住まいからの出動です。

      Img20220402063141

    • 7:30am現着。
      桜が満開です。逆光で暗いですが。桜を眺めながらのキャンプは初めてかな、と思います。
      広々した河川敷のど真ん中にテント設営。少しすると真ん中付近にもどんどん他の人々のテント・タープが設営され、満テント状態になりました。

      そうえいば、ハイバックの椅子も今回新規投入でした。以前のハイバックの椅子もまだ使用は可能なのですが、だいぶ傷んできたため、タイムセールを利用し、購入しました。

      Img20220402073032 Img20220402083026 Img20220402100650

    • 近所のイオンで買い物を済ませ、午前中から飲みに入ります (^^;)
      今回、キャンプ場が無料ということで、飲み・食いの方のタガが若干外れ、結局総額はいつものキャンプと変わらない感じになってしまいました (^^;;)

      Img20220402101253 Img20220402104344 Img20220402105847Img20220402115838

    • 少しして、散歩。本当に桜がきれいです。

      Img20220402114713

    • 太陽が山影に隠れるくらいになり、焚火開始です。豚肉の網焼き、たまりませんね。
      さんざん飲んで食べて、そのまま就寝です。

      Img20220402165347 Img20220402143848 Img20220402171424 Img20220402172702

    • 夜の3時くらいに雨が降りだしました。
      予報ではお昼くらいから雨だったのでは? などと思ってみても、現実は変わりません。
      結局この日は終日雨。撤収も雨の中 (ToT)
      なにもせずにすごすご引き上げました。

       Img20220403073730

      なお、自宅でない(庭がない)ため、濡れたテントの乾燥が難しく、1DKの、テーブルを置いていないDKの中に置いてある自転車にテントを被せ乾燥。結局乾くのに1週間近くかかりました。
      東京のマンション・アパート暮らしのキャンパーの方は、いつも結構苦労しているのだろうな、と思いました。


  • おわりに

    二日目の雨にはやられましたが、初日は早い時刻にキャンプ開始でき、とてものんびりできた、よいキャンプでした。
    これで無料は非常にうれしい!!  日影がないので夏は暑そうですが、またぜったい利用したい場所です。

    Img20220403073435

«ソロキャンプツーリング (第39回) ~ハートランド・朝霧 (静岡)~